【Pholly(フォリー)】データを保存・共有できる クラウドサービスの さらなる「進化」「可能性」

進化するeポートフォリオサービス「Pholly」

 Phollyは完成されたサービスというよりは、まだまだ進化し続けている段階のシステムと言える。今後追加される機能を見てもそれは明らかだ。例えば、授業評価などに活用できるアンケート機能であったり、他のシステムとの連動で言えば、教員がコメント等を書き込んだ答案用紙をスキャニングすれば学生ごとのファイルに自動送信される機能であったり、ペーパーレス化を推進し、業務の効率化を実現するための機能が追加される予定だ。また操作環境の進化にも取り組んでおり、間もなくiPhoneアプリによる運用もスタート。アプリによってPhollyがより身近なものに感じられるとともに、WiFiがなくてもアプリ側にファイルを保存することで通信料を気にせず使えることは学生にとってもうれしい条件に違いない。

 このように基本的には大学がターゲットのPhollyではあるが、低価格帯でのシステム構築が可能であることや、「いつでも、どこでも」で紹介された学修資料のアップロードは「反転学習」でも活用できることなどを考慮すれば、私立中高や学習塾での導入も効果があるかもしれない。アクティブ・ラーニングの導入によってグループに分かれての授業形態が増えている私立中高の実状を見れば、Phollyのグループワークを活用した展開も視野に入ってくる。

 どちらにせよ単なるクラウドサービスでは括れない「Pholly」。まだまだ知られざる特長が秘められていそうだ。まずは進化するeポートフォリオサービス「Pholly」のことを知っていただきたい。知れば知るほど、その未来を見据えた可能性の数々に気付けるはずだ。

Phollyに関する詳しいお問い合わせは
日本事務器株式会社事業推進本部
〒151-0071 東京都渋谷区本町3-12-1 住友不動産西新宿ビル6号館
TEL:050-3000-1508
E-mail:ko-kyo-@njc.co.jp
URL:http://www.njc.co.jp

1 2 3