嗚呼!華の応援団~第48話~

いたずらな風に煽られた大太鼓は、ふわっと宙に浮いたのだ。

そこからはまるでスローモーション。

アルプススタンドの最上段から、まるで転げ落ちるようにバウンドしながら、ゆっくりゆっくりと落ちていく…。

その後ろをおさむちゃんが追いつくはずもないのに、ガニ股走りで追いかけていく。

すべてがテレビ画面のスローモーションのように。

まるで「金八先生」の「腐ったみかんの方程式」で、まさるが警察に捕まるシーンのごとく。

BGMは中島みゆき。

 

太鼓は結局、最下段まで転がり落ちて、金網に当たって止まった。

おさむちゃんは、途中のスタンドで死んだ蛙のように倒れている。

 

ありえない。団の象徴である太鼓がこんなことになるなんて、絶対にありえない。

一瞬、同志社側のアルプススタンドは凍りつき、無人のごとく静まり返った。

この後のことはまったく覚えていない。

そのまま応援を続けたのかどうかさえ。

 

試合が終わって、集合がかかった。

 

M三回生「黙想!歯ぁ食い縛れっ!」

ボコッ!ドカッ!握り拳で殴られた瞬間、ある現象が…。

 

よく漫画とかで、殴られて火花が飛んでいる絵があるでしょ?

あれって、漫画だからだと思い込んでた。

違うんだよね。

ホントに火花って飛ぶの。

瞬間、ホントに「バチバチッ!」って音がして、火花が飛んだんだからぁ!

私たち二回生は全員が脳震盪を起こし、その場で気絶した。

後にも先にもこんなに思いっきり殴られたのは、この時だけだったさ。

そして、あのシーンだけは今も時々、私の夢に出てくるんだ。

 

おさむちゃん、やっぱあんたすごいわ。またまた【おさむちゃん伝説】に新たな1ページが加わった。

クエッ、クエッ。

 

 続く〉
―――――――――――――――――――――――
次回配信は12月27日を予定しております。