【トンクス・バジル】小学校英語改革の落とし穴

小学校の英語教科化は日本国内においては画期的なことですが、世界的に見ると決して珍しいことではありません。小学校低学年から英語を勉強することは、ごく一般的なことで、今回の教育改革で日本の英語教育がようやく国際水準に少し追い付いたと言えるでしょう。しかし、日本で小学校から英語を勉強し始めることで、本当に英語力を高めることができるのでしょうか。授業の「質の問題」と「小中連携の課題」を解決して、「英語嫌い」という大きな落とし穴を避けて、小学校英語を実施できれば、今回の英語教科化が成功する可能性が高いと思います。

早期英語教育の学習効果と「質の問題」

「誰であれ英語のスキルを上達させるには時間がかかるものなので、学習開始時期を早めることがより高い学習成果につながる」と、世界の多くの国々が英語学習を小学校低学年から始めるひとつの理由としています。日本も同様です。特にAI (人工知能)によって簡単な翻訳作業や通訳ができるこれからの時代は、ハイレベルの英語力がないと価値のあるスキルがあると言えず、英語を勉強する時間(量)がさらに必要になるわけです。

一方、接触する英語の質も量と同等に重要です。そして、この質は教師の専門的スキルや彼らに与えられるサポートに大きく左右されます。優れた児童英語教師は、英語力と同時に、小学生に英語を教えるための専門的な知識と技術が必要なのです。残念ながら、教師のスキル向上に関して、文部科学省のサポートはまだ十分とは言えません。民間教育機関でも十分に教師研修に資源を投資しているとは言えません。しかし、公・民の教育母体を問わず、ICT活用により、この問題は大きく軽減できるでしょう。例えば、リスニングとスピーキングの学習アプリを導入することで、先生の指導力に左右されない質の高いこの2技能の学習機会を学習者に提供できます。

1 2 3