理想科学の新サービス『「よみとき新聞ワークシート」教材メール配信サービス』が開始!

理想科学工業株式会社(以下、理想科学)は、平成30年(2018年)4月5日より、新たに『「よみとき新聞ワークシート」教材メール配信サービス』を開始し、大きな反響をよんでいる。

理想科学製プリンターを使用している学校の先生方を対象とし、子どもたちの社会への関心や読解力・表現力の向上を目的としたサービス。朝日学生新聞社が提供する「朝日小学生新聞」の記事と専用の学習書式を組み合わせたワークシート教材をPDF化し、お申し込みいただいた先生方へ毎週1回無償でメール配信。教材は、小学校高学年が対象。
先生方は理想科学製の高速カラープリンター「オルフィス」やデジタル印刷機「リソグラフ」でワークシート教材を印刷し、子どもたちに配付。子どもたちは新聞記事を読み、5W1Hの読み書きと、感想・意見の記述を合わせて15~20分程度の学習を行う。朝学習や総合学習、国語・社会の授業教材、宿題など、幅広く活用することができる。
実際の教育現場で活用している、金沢市立田上小学校教諭 海道明美氏、古河市立上大野小学校教諭 薄井直之氏、鎌倉市立山崎小学校教諭 加藤勝也氏、金沢星稜大学教授 佐藤幸江氏の4名はインタビューを通して、「よみとき新聞ワークシート」が今後教育現場の中で、大きな効果をもたらせてくれると話す。

2020年度から小学校の新学習指導要領の全面実施がある。「よみとき新聞ワークシート」の活用により、教材作成の手間や時間をかけることなく、新学習指導要領に沿った効果的な学習教材を活用できるはずだ。今後も、理想科学工業株式会社の動きに注目していきたい。