【森上 展安】早大3学部共通テスト、外部テスト導入公表「私大文系」の転換点

早大政経、共通テスト数学必修

 5月30日、早稲田大学はWEBサイト上に、2021年度の政経、国際教養、スポーツ科学部など3学部の入試要項変更点を発表した。今の高1の大学受験に関わることだから、これから続々と国公私立の入試要項が明らかにされるが、その皮きりの公表だ。2021年度から始まる文科省の推進する高校大学接続改革によって、大方針は示されているものの、国公立大学も私立大学も未だ具体的な要項を公表していない。この度の早大3学部の公表はその意味でこれから向こう1~2ヶ月に行われるであろう他大学へのモデルとなる可能性が高い。

 その第一の注目点は、何といっても私大文系トップの早稲田大学政経学部の共通テスト利用の公表と、その必修科目に「数学Ⅰ・数学A」が「外国語」「国語」と共に指定されたことだ。選択科目として「地理歴史」「公民」「理科」「数学Ⅱ・数学B」の中から一つ課される。また、民間の英語外部テストと学部独自の日本語と英語の長文読解も課される、としている。いわゆる早大の文系の中では、法学部、商学部、文学部、文化構想学部などが未公表だが、早大の看板学部の政経学部での数学導入方針は何といっても受験界に相当の影響力を与えるだろう。長らく続いたいわゆる「私立文系」型の、数学抜きの受験スタイルに変容を迫るものだ。

中学受験の付属志向、国立実績指導を刺激

 この早大の公表は中学受験に与えるインパクトも大きい。まず、改めて付属志向を刺激するだろう。数学Ⅰ・数学Aの共通テストがどれほどのものでもないにせよ、数学を避けて通れない一般入試を突破しなくてはならないのであれば、特に女子は付属からの進路を選択する可能性が高まるだろう。

 もう1つ、進学校提携では国立大実績のある中堅校以上への志向が高まるに違いない。女子校についていえば、上位校は、国立大、しかも理系志向が一定数あるので、大きな影響は受けないが、問題は従来の私大文系で高い実績を示してきた中堅中位の女子校で、共学校で国立実績のある中堅校に流れる動きにつながるのではなかろうか。つまり、それは女子中堅校が共学中堅校に人気を奪われる可能性もはらんでいる。

正答率数%!の数学共通テスト

 一方で共通テストの数学問題への対応については未だ大きな問題になっていないが、少なくとも昨秋実施されたその試行テストの正答率は数%台であったことは公表されている。つまり、何といおうと現状の数学授業では太刀打ちできないことがはっきりしているテストが待ち構えている、ということだ。

 もちろん、これがそのまま実施できないことは試行テストの正答率が如実に示しているが、それでも新課程の指導に照らしてよく考えられた問題である以上、問われる学力の質という意味では試行テストは実際の共通テストと本質的には変わらない。しかし、こうした新課程にそった数学の問題は、これまでの内容知にのっとった知識、技能を問うものではなくて、応用知=すなわち実際の場面に即した問題解決法を提示することを求められているので、そもそも問われ方が異なるものだ。従って従来の理系のイメージの数学と異なり、実際に生じる問題の数学的アプローチということだから、統計の見方、使い方、あるいは推論の仕方が主になるので、これまでの高校の数学になじめなかった生徒でも十分に対応が可能である。その意味ではむしろ日常の問題処理に頭を使っている女子の方が向いている内容と考える現場の指導者が少なくない。

 例えば、来年入試で、午後入試に算数一科入試が相当数の学校で導入される予定だ。口火を切ったのは2018年入試で2月1日午後に算数一科入試を打ち出した品川女子学院である。受験生346名を集めて倍率2.6倍、難度も1日午前入試より数ポイント高く出て上々の入試状況だった。この成功が来年入試において他の女子校のみならず男子の世田谷学園まで算数一科入試の午後導入をもたらしたのだろう。「入試から始まる教育」とは桐朋女子の古くからのスローガンだが、算数一科入試の実施は文字通り数学重視宣言である。こうした女子校の動きは、まさにタイムリーに早稲田に始まる私大文系の入試改革に奇しくも見事なタイミングで打ち出されたジャストミートな入試改革といえる。従って上記の意味ではもう一年先行して実施されていた明星MGS算数一科入試こそは、新しい算数・数学の傾向を踏まえて研究開発されているので、明星MGS算数一科入試はもっと注目されて然るべきだろう。

1 2

森上 展安(もりがみ のぶやす)

1953年岡山県生まれ。早稲田大学法学部卒業。

東京第一法律事務所勤務を経て都内で学習塾「ぶQ」を経営後、88年に(株)森上教育研究所を設立。中学受験、中高一貫の中等教育を対象とする調査・コンサルティング分野を開拓した。

私塾・私学向けに『中学受験と私学中等教育』を月刊で発行している。中学受験生の父母対象に「わが子が伸びる親の『技』(スキル)研究会」セミナーをほぼ毎週主催。著書に『10歳の選択 中学受験の教育論』、『中学受験入りやすくてお得な学校』(いずれもダイヤモンド社刊)。

morigami
▼『森上展安』の過去記事を読む

【2018/6月】難化なき増加という首都圏私立中学入試の新局面

【2018/5月】入りやすくて 真にお得な学校

   ≫さらに読む