【山口 時雄】第34回 Windows 7のサポート終了まであと半年。いい加減IEやめてEdgeにしませんか

Edgeで何ができるのか

 ブラウザの性能は実感できないが、機能は実感できる。Edgeの機能を紹介しよう。

 はじめに一番気になるブックマーク(お気に入り)の移植。ブラウザを変更してブックマークが今まで通りに使えなくなるのではないかという不安がどうしてもある。しかしこれは実に簡単にできる。

 Edgeの検索窓の右にある☆型のアイコンをクリックして「☆お気に入り」をクリック。歯車マークの「設定」を開いて、「別のブラウザからインポートする」をクリックすれば、一番上に「Internet Explorer」があり、既にラジオボタンがオンになっているので、「インポート」をクリックさえすれば、あなたの大切なブックマークは苦労して仕分けしたフォルダーごとすべてEdgeにインポートされる。

 つづいてちょっと便利な機能。これは、これまでのブラウザでは使ったことがない機能だ。☆型のアイコンの隣にあるペン型のアイコンをクリック。すると右上にいくつかのアイコンが現れる。2つ並んだペン型のアイコンの左は「ボールペン」、右は「蛍光ペン」で、それぞれクリックすると「色」と「太さ」を設定することができる。右クリックしながらそのペンで画面の上をなぞれば、ボールペンや蛍光ペンで文字でも絵でも、マーカーでも描くことができる。失敗したら、ペンの隣の「消しゴム」のアイコンで消すことができる。

 消しゴムの右隣は、「ノートの追加」。Web画面上にメモエリアを表示して、テキストをメモとして打ち込むことができる。そして、その隣の「クリップ」で範囲を選択すると自動的に切り抜かれてコピーされ、WordやPowerPointなどに簡単に貼り付けることができるので、調べ物や企画をするときにとても便利だ。

 その他の便利な機能としては、資料配付等で利用頻度の高いPDFや電子書籍ファイルで利用される「EPUB」ファイルを読むことができたり、音声読み上げ機能を利用してWebサイトを読むだけでなく、聞くことも可能になる。

青いマーカーが読み上げている行、黄色いマーカーが読み上げている単語

 例えば、ICT教育ニュースのWebサイトの記事ページを見ると、一番上のURLを表示している場所の右隅に、☆マークと並んで本のアイコンがある。これがはっきり黒く表示されていれば「読み上げ対応ページ」の印。記事を右クリックして「音声で読み上げる」をクリックするだけで、記事を読み上げてくれる。

 Internet Explorer(IE)が使えない理由を「Scratch 3.0が使えない」という問題に矮小化せず、「重大なセキュリティ危機」、「利便性向上の機会喪失」と受け止め、教育現場の「脱・IE」を進めることをお薦めする。

ICT教育ニュースの情報提供ページ
https://ict-enews.net/contribute/

メール
yamaguchi@ict-enews.net

1 2

山口時雄(やまぐち ときお)

ICT教育ニュース 編集長

日本大学法学部新聞学科在学中から映像業界で活動。フリーの映像作家を経て、1986年(株)フレックス入社。NTT関連の広報活動、通信イベント等多数参画。1990年~93年テレビ朝日「ニュースステーション」ディレクター。1994年~フレックス報道担当取締役。2003年、メディアコンサルタントとして独立。2013年~現職。

yamaguchi
▼『山口時雄』の過去記事を読む

【2019/6月】第33回 高校生に求められる「情報活用能力」とは何か

【2019/5月】第32回 アナログ派の塾長さん、ICTの導入焦っていますか? 諦めていますか?

   ≫さらに読む