編集主幹のダーツの旅

本紙編集主幹 千葉 誠一(ちば せいいち)

本紙編集主幹の千葉誠一が地域ごとの私塾事情を探るため、ダーツが刺さった地域へ赴く新連載!各地域で活躍を続ける塾や、珍しい取り組みを行っている塾などに取材を敢行。ローカルな運営法の中に、塾で生かせるヒントがある!?

【野田塾】愛知県全域での信頼獲得と低学年の裾野を広げて安定経営を目指したい

低学年の裾野を広げたい

千葉 少子化と経済不況により、全国の塾の経営が厳しさを増していますが、貴塾の対応策はありますか?

三輪 一斉クラス指導だけで運営することは難しくなってきています。高校部や個別指導部、アカデミアなど、垂直拡大で対象を広げることで対応していきたいと考えています。いわゆる「選択と集中」、悪いところからは撤退し、良いところに力を注ぐことも必要だと思っています。

千葉 習い事のそろばんや習字、ダンスなどを手がける大手塾も増えていますね。

三輪 弊社は不器用なので、本業以外の事業には消極的になりがちですが、習い事は低学年の裾野を広げて行く意味で必要だと思っています。また、学びの基礎作りをする意味で大事な部門になっていくと考えています。

機械ができないところを講師がどう補うか?

千葉 アナログとデジタルの融合ということで、貴塾は業界でいち早く「nPad」を導入されましたが、現状の活用状況と今後の方向性について教えてください。

三輪 私たちが必要と考えるのは、デジタル教材の利便性を十分に活用できるツールです。英語の4技能の充実、NEW HORIZONデジタル教科書、MyET、English Expressで、リスニングやスピーキング、そしてリーディングに対応したいと思っています。

 動画教材として、塾の授業を自宅で予習・復習、学習計画の作成、弱点補強などに活用してもらいます。上手く活用できれば、いつまでに何をどうすればよいかを本人が明確に理解していきます。

 ただし、nPadはあくまでも道具に過ぎず、機械ができないところを講師がどう補っていけるかがポイントだと考えています。

千葉 その辺りがアナログとデジタルの融合ということになるのですね?

三輪 その通りです。デジタルに偏りすぎることなく、アナログとデジタルの双方の良いところをいただく、いわゆる「良いとこ取り」をしていくべきだと考えています。

愛知県全域での信頼を獲得したい

千葉 個人的な夢、もしくはトップとしての目標や希望についてお聞かせください。

三輪 野田塾の企業理念は、「真の教育」を通して社会に貢献することです。企業理念を支えるのは、教育理念と経営理念の2つになります。未来にはばたく優れた人格の育成と「社員第一主義」による健全な企業活動を持続していきたい。そして、最高の学習塾であり、最高の企業であるという目標の達成を目指して、今後も活動をしていきたいと思います。

千葉 個人的な趣味はどんなものがありますか?

三輪 読書が好きですし、映画も観ます。本は、経営に関するものや小説、たとえば池井戸潤さんの「下町ロケット」などですね。

千葉 愛知県はライバルも多いですが、どうやって生き残っていきますか?

三輪 野田塾は愛知県北部に比較的強いのですが、南部や東部、西部と他塾も強い塾がひしめいていますから、学びつつ差別化を図り、今後も野田塾らしさを打ち出して、愛知県全域での信頼を獲得し、経営安定を図りたいと思っています。

(2019年7月16日、愛知県津島市の野田塾本部にて取材)

1 2