編集主幹のダーツの旅

本紙編集主幹 千葉 誠一(ちば せいいち)

本紙編集主幹の千葉誠一が地域ごとの私塾事情を探るため、ダーツが刺さった地域へ赴く新連載!各地域で活躍を続ける塾や、珍しい取り組みを行っている塾などに取材を敢行。ローカルな運営法の中に、塾で生かせるヒントがある!?

【市進ホールディングス】より人材が生かされる職場作りをすることで市進教育グループとしての質を高めたい

 少子化と人材不足の中、市進教育グループでは、生徒数の増加と合格実績の上昇などプラス要因が増えている。これは低学年の生徒募集が軌道に乗ってきたことと、創立当初から継続されている適材適所の人事と労働環境改善の努力が背景にある。また、グループ内での雇用の創出もスピーディに行われており、年々塾業界の理想の組織に近づいている。
 
 この市進教育グループの現状の課題と今後の方向性を中心に、下屋俊裕社長に取材した。

グループ19社で教育事業は8社

千葉 グループの概要について教えてください。事業部門、正社員、非常勤講師、教室数と生徒数、各事業の人員と規模などについて教えてください。

下屋 グループ19社で、教育事業は8社ということになります。売上は164億円で、内訳は教育事業が139億円、教育関連事業が24億円となっています。

 教育事業部門に約600名、それ以外の部門に約170名で合計約770名の正社員がいます。臨時従業員は約3860名でグループ全体では4600名ほどになります。教室は国内470拠点で、海外のインドや香港、そして中国本土の北京などにも拠点があります。

 生徒数は市進で低学年を中心に前年同期比で増加、5校の新規開校と数校のリニューアル移転・開校を行いました。個学舎では7校の新規開校と数校をリニューアルし、生徒数は増加しています。茨進は、2校を新規開校するなど、生徒数は横ばいですが新規入塾者は前年比プラスになっており回復傾向にあります。

千葉 業界では最近、女性の活躍が目立ちますが、貴社ではいかがでしょうか?

下屋 グループの市進ラボでは全体の4分の3が女性で、保育・学童保育・幼児教室の現場で活躍しています。勤務時間が遅い学習塾が主体のためグループ全体では女性の比率はまだ低いですが、市進ホールディングス(HD)では女性の比率が高まり、責任者への登用も進んでいます。新卒採用でも全体の半数が女性で、学習塾部門以外の配属希望が増えています。ただし、まずは塾の現場を経験してもらうようにしています。

人材不足の解決が最優先課題

千葉 季節的な変動要因はあるものの生徒数が、それぞれの事業部門で増えています。移転リニューアルや新規開校についても慎重に実行されていますが、今後特に注力される事業部門や地域について教えてください。

下屋 集団指導中心の教室や集団指導のクラスが厳しいのは、根底に人材不足があります。これを解決しないと全体の立て直しも新規開校も苦しいままだと思います。また、個別指導では他塾の教室も増えて市場が飽和状態で互いが潰し合いになっている傾向にあります。

千葉 今後の新規開校やリニューアルについても慎重に取り組んでいくことになりますね?

下屋 強いエリアを見極めてより伸ばす戦略が基本です。他塾との競合や人材募集、リニューアルの必要性、さらには市場の縮小化など色々な要素がありますので、それらを見極めて、先生が確保できても見切り発車せず、やるかやらないかをよく見極めて教室展開したいと思っています。

新規出店ではなく既存拠点の有効利用

千葉 今回グループ化されたNPS成田予備校について教えてください。

下屋 千葉エリア沿線で集団指導の20~30名規模の教室としては、運営的にとても厳しいものがあり、新校舎を作るのではなく、成田予備校のブランドとノウハウを生かして展開するという戦略が有効と考えています。映像授業についても今後導入する可能性もあり、それにより将来的な人材不足を補う方向にあります。

軌道に乗れば低学年専門教室を増やしていく

千葉 市進として初めての低学年専門教室「Wing Kids Pensees」(ウイングキッズパンセ)について教えてください。

下屋 対象は小学1~3年生で、市進学院の柏教室の小学4年生のクラスに継続していく計画です。当初の想定以上に生徒が集まっています。これが軌道にのれば、千葉・松戸・流山・本八幡・船橋などでも設置していく可能性があります。

さまざまな支援事業や受託事業が増えている

千葉 グループ内で地域や学校への支援事業、人材の研修事業なども行われていますね。

下屋 柏市では、不登校支援事業や放課後学習支援事業を受託しています。四街道市・船橋市・流山市・御宿町などでも同様に事業を受託しています。また、一部上場企業や官公庁の研修講師候補者に対しての全体研修およびコンサルティング業務を行っています。市進教育グループでは、学びの場を通じて豊かな人材育成を実践し、笑顔あふれる社会の実現を目指しています。

1 2