編集主幹のダーツの旅

本紙編集主幹 千葉 誠一(ちば せいいち)

本紙編集主幹の千葉誠一が地域ごとの私塾事情を探るため、ダーツが刺さった地域へ赴く新連載!各地域で活躍を続ける塾や、珍しい取り組みを行っている塾などに取材を敢行。ローカルな運営法の中に、塾で生かせるヒントがある!?

私塾のトップに聞く:井上 晃先生 【京大個別会そろばん塾ピコ世田谷】東京都

【京大個別会そろばん塾ピコ世田谷】一人でも多くの子ども達に、20年後に役に立つ能力を身に付けて欲しい!! 左脳ベースのAIを右脳(創造力・構想力)で追い越して欲しい

左:井上 裕子先生(奥様) 右:井上 晃先生

学研教室を主体として学習塾を営んでいた井上先生、実はそれは奥様の塾で、ご主人は大学の理工系を出て会社員をしていた。退職して奥様の塾を手伝うようになって、いろいろなことに気がついた。そして…塾は大きく変貌した!!
改革の主体は「そろばん」だった。都内にある個人のそろばん教室は高齢化もあり次々と消えつつあるタイミングで、塾の空きスペースでそろばん…そんなイメージだったが、実はそれほど単純なものではなかった。
そろばん塾として他店舗展開が可能になるまでの苦悩と工夫の日々について、千歳台教室で井上先生に密着取材した。

年長から小5まで、世田谷区に8教室

千葉 現在教室はいくつですか? エリアは小田急線沿線と世田谷区ですか? また、今後の教室展開と内部充実について教えてください。

井上 8教室ですべて世田谷区です。京王線に近い教室が2つであとの6教室は小田急線に近いですが、いずれも住宅地にあり、生徒は徒歩で通っています。対象学年は年長から小学5年生でメインは小学3年生です。私たち(井上先生と奥様)以外はすべて時間講師です。

 

2012年、そろばんのチラシで50人以上の問い合わせ

千葉 そろばんの指導がメインですが、そろばん以外の指導について教えてください。

井上 元々妻が学研教室を運営していましたが、私が会社を退職して手伝った時に、「講師になりたい」と言ったら本部から駄目だと言われて、学研教室を辞めました。塾を開校しようとしてチラシを8万枚撒いたのに反応が1~2件で唖然としていたところ、2012年2月に茨城の方から「京大個別会そろばん塾ピコ」を紹介していただきました。

物件を確保しすぐに開校しようとしましたが、そろばん指導の先生を募集してもなかなか集まらず。困っていたところ、たまたま家内の友人がそろばんを習っていた事がわかり、講師を引き受けていただく事ができ、やっと開業の目処がついたのは2012年4月のことです。

そろばん塾ピコのチラシを3000枚撒いたら50~60件の反応があり、ずっと電話が鳴りっぱなしでした。体験の申込が殺到し、そろばんのニーズの高さに驚きました。

 

「お預かり」と「子育て支援」のそろばん塾

千葉 地域の教育熱と塾への期待度はいかがでしょうか? また、それに対応するための工夫はありますか?

井上 何事にも敏感な小さい頃に「やってみたい」ということをタイミングよく子どもにやらせてみることはとても良い事です。モンテッソーリの考え方を尊重しつつ、私たちは子どもが手先を使って作業することで脳が活性化されることを目指しています。公文は地域にたくさんありますが、小さいお子さんを持つ保護者の方がそろばん塾を探していたところに開業できて、今の成功があるのだと思っています。そろばんはパソコンや電卓などに比べて古いツールではありますが、脳の活性化と数に強くなるのに効果的です。

千葉 そろばんをある程度やってから塾へという流れなのでしょうか?

井上 いえいえ、中学受験とは別に「子どもを近くて安全な場所で預かってほしい」という保護者が多いのです。その子の下や上に子どもがいて、一人でも塾や習い事に行けば、その時間楽になります。つまり、子育て経験のある先生が揃っているそろばん塾ピコが「子育てサポート」を担ってもいるわけです。

千葉 世田谷区の中でも差がありますか?

井上 最近郊外から引っ越してくる若い家族が増えており、核家族も多いのですが、教育熱の高い家庭もあります。子どもの教育についての温度差はありますが、面談に両親揃って来るケースもあります。マンションが続々と建てられ学齢人口も増えており、満杯の小学校ばかりです。子育て支援に力を入れている世田谷区に期待しての動きではないかと思います。

千葉 私も学生時代経堂に住んでいて東京農業大学や馬事公苑にはよく行きましたが、東京農業大学稲花小学校は大変な人気になりそうですね。

井上 PTAの負担も少なく体験型学習などもあり、倍率は高くなりそうですね。

1 2