行き場無く 生徒のために 敵の敵

大量離脱したのも仕方無し

覆面 今回のゲストは「教育業界の屁」と言われるほど皆から煙たがられているFさん。よろしく。

ゲストF ・・・ったく品格のない紹介の仕方だが(笑)。・・・恐れられるほど注目されているということで・・・(ブビ♪)

仮面 臭っ!! 早速のご挨拶? おいらたち臭い仲?

ゲストF さてさて、コロナで全国的にバタバタしているな。北海道の学校が休校になったけど、コレは全国的な流れになるかもしれないぞ。大人は経済活動のために動かなくちゃいけないが、子供は在宅にした方がいい。

覆面 春休みの前倒しを提案する人が増えているね。今が感染拡大の肝だと思ってるからだね。

ゲストF だなあ、これ以上感染が拡大すると、病院も受け入れ体制がパンクするし、子供から家族に感染するから、小中高の休校も止む無しか・・・。

仮面 子供の元気な声が学校の校庭から消える・・・寂しい限りだ。

ゲストF 政府もようやくパンデミックとして新型コロナを認めたわけだけど、問題は塾だ。学校の教職員は給与が保証されるだろうけど、塾で社員に給与を支払ったら、月謝が入らないから丸々赤字だ。

仮面 持ち出し・・・凹んだ分をどうする??

覆面 過去の貯蓄で賄う? 別のビジネス?

ゲストF 副業をしている塾は少しマシかもしれないな・・・3月分の月謝は思い切って無しにするか、すでにいただいていたら4月分にまわす。

仮面 ・・・それでタイトルの話は?

ゲストF おーおー王貞治は絶倫(笑)。・・・彼等はM&A直後から悶々としていたのだよ。それで、代表に要望書を提出したが、例の如く説得されそうになり、今度は乗り込んできた取締役に相談した。取締役は親分に相談して・・・「嫌だけど本部を交えて話し合いをしようじゃないか」ということになった。 

仮面 まるで・・・三角関係。

覆面 そのもつれそうな糸を親分が仕切ったわけだ。

ゲストF そそそ、それで本部が資本を出して、そのまま看板を継続、ただし将来の独立のために別法人をつくった。

仮面 にゃるほどねえ、八方丸く収まったわけだ。

覆面 おいおい、さっき三角関係とか言ってたじゃないか?!

ゲストF まあまあまあ、それで親分は「新しい高校部をつくれ」と言明。仕切り直しだわ。

 

業界制覇の野望

仮面 なんか凄い勢いでしょでしょ?!

覆面 だよね、至る所M塾の領地って感じで・・・。

ゲストF まあ戦略的には間違っていない。儲かってるからキャッシュフローが抜群に良くて、金融機関からの多額の借入も出来るけど、ほとんど自前で新規校舎の準備が出来る。

仮面 地盤のない地域にも出して成功している理由は?

ゲストF 小中高すべてじゃなくて、その地域で一番求められている学年からスタートしている。チラシだけじゃなくて校門配布やテレビCMも効果的だ。社員の待遇が良いから内部の悪い噂もないしね。

仮面 かなりの地域で複数校展開(最低3~5校)して、すぐに採算がとれて、社員の質も良い、それで小中高とつなげていく・・・怖いもの無し?

覆面 それに対抗してS塾が西に出しはじめているという噂が・・・。

ゲストF 西のM塾は東はまだ名古屋だが、S塾は広島まで出している。理由は、S塾がFC本部から校舎展開のモデル事業部として認められているためだ。おそらく特別待遇でエリア権だけじゃなく、実際の新規開校について直接アドバイスや資金援助を受けていると思われる。

仮面 S塾は主として大学受験の高校部だけど、将来的には新規開校した校舎で小中部もやっていくんだろうね。

ゲストF 高校部が成功すれば・・・の話で、上手くいかなければすぐに店じまいできるように最初は高校部だけにしている。

仮面 大学受験というのは全国的な受験だから、誰でもやれるってことか?

覆面 コンテンツさえあれば・・・ね。

ゲストF 生徒にとっては、コンテンツはそれほど違いはない。だって講師は同じようなものだからね。あとは、どれだけ干渉を受けずにやりやすいかだ。自由度が高ければ高いほど高校生には人気がある。特にスマホ世代はそれが顕著だ。

仮面 自分の責任で選び取り組んでいくということか。親は金は出すけど口は出さない。

覆面 将来的にはお金も生徒が払うかもしれないよね? Fちゃん!

ゲストF そそそ、入塾の時だけ親が支払い、あとは頑張った分だけポイントを生徒自身が貯めて、それを使ってオプション講座を受講したり資格試験に挑戦したりする。

仮面 それはいいね。塾を一つの社会と考えて、シンプルな経済をまず学ぶのか?

覆面 実践こそ生きる知恵だ。

ゲストF 塾も管理が大変だから、ロボットを活用する。生徒全員のデータを一台のロボットが管理すれば人件費は最低限に押さえられる。

仮面 よく「子育ては手間をかけよ」と言っていたけど、ロボット時代は「手間はロボットに任せよ」・・・か??

覆面 いいね。時々計算を間違えるロボットとか、少し人間味のあるロボットでもいいし。

ゲストF ははは、すでに意識的に間違えて、生徒に「間違えるからやり直して覚える」ということを指導するロボットが開発されている。

仮面 そういえば・・・昔宇宙レベルの「ダメロボット」の映画とかあったなあ・・・。

覆面 工業用ロボット、介護用ロボット、学習支援ロボット・・・色々な分野で進化していくんだなあ・・・。

ゲストF AIロボットが人間の仕事を奪うとか言うけどさ、人間がどんどん進化させてどんどんロボットを使うのだから、人間の仕事が減るのは当たり前だ。無人島に何もない孤独な生活だったら、人間自身が進化するのかも??

仮面 「Cast Away」トム・ハンクス主演の映画で全編の70%は彼しか出ていない。無人島の映画では、木村多江1人と男32人が無人島で暮らすことになる「東京島」ってのもあったね。

覆面 なんか嬉しそうじゃん。逆を想像してんだろ! 自分だけ男で32人の女・・・。

ゲストF ロボットと2人だったら、恋に落ちるのか??

仮面 そんなバカな!!

 

インターネットはこれからどうなの?

覆面 日の出の勢いだったPアプリが月額倍になったのはなぜだなぜだなぜだ?

ゲストF 赤字らしいね。それでとりあえず倍にして赤字を埋めようとしたが、学校とか軒並みキャンセルで、登録数が激減らしい。いわゆる迷走だ。

仮面 背景にはもう一つ、競合が増え過ぎたこともあるね。

覆面 たしかに・・・増えたら安くなって利益率が下がる。

ゲストF それなのに、Pアプリは値上げしたから、総スカン食った。インターネットを活用したコンテンツはそういう運命にあるのかもしれない。薄い皮で現実と仮想の世界が見え隠れしている・・・。

仮面 両方見れていればそれほど危険じゃないのか?

ゲストF かもしれないね、最悪の事態だけは避けられる。しかし、今回のように登録した生徒を囲い込んでいると勘違いして値上げしたら、即刻離れていく。同じようなアプリは今ではいくらでもあるからね。

仮面 逆に使う側にしてみたら、色々と選べるから特定しない方が得だ。

覆面 つねに生徒からも情報を得て、より安くより使い易いものをチョイスしていけばいい。スマホの乗り換えプランみたいなものだ。

ゲストF インターネットはこれから教育業界に根付いていくけど、やっぱり生き残るのは「デジタルとアナログの融合」をちゃんとしている塾だろうね。ただし、必ずしも通塾しなくても学べるシステムだけは持ってないと、今回のような危機に対応出来なくなる。

仮面 うちの家族も感染が心配だから、屋内で糸電話で話をしているんだぜ。

覆面 それは嘘っぽいな・・・うちなんかテレパシーだ。

ゲストF ・・・おぬしは何者じゃい?

 

(今回も事実に基づいたフィクションをお届けしましたが、匿名なのは情報提供者に迷惑をかけないためです)