スマホ対応型オンライン授業支援ツールで教育格差をより小さく | Flying ClassRoom(フライング クラスルーム)をリリース | 無償提供中

「Flying ClassRoom」(https://flcr.onl/)は従来の授業形態を維持し、オンライン上で先生と生徒の双方向なコミュニケーションを実現します。生徒の学習状況の把握により教育格差をより小さくすることを目的としたサービスです。 新型コロナウイルスの感染拡大、懸念される第2波の対策のために引き続き無償提供をいたします。 より多くの子どもたちが、しっかりと教育が受けられるように是非ご活用ください。

 

 

学校教育(複数の生徒に指導をする現場)において、生徒全員の考えや声を受け取ることは容易ではありません。ICT教育環境の整備もなかなか進まず苦慮されている先生方、そして各家庭環境によって異なるデバイスや通信環境など、教育環境の課題は山積みです。

「Flying ClassRoom(フライング クラスルーム)」はスマートフォンでの利用、通信量を抑えたコミュニケーションで、多様な家庭環境での利用が可能です。また、生徒からの回答・発言を個別に表示し、学習状況の確認をすることで「ついていけない」対策にも有効なサービスになります。

また、新型コロナウイルスの感染拡大、懸念される第2波の対策のために引き続き無償提供をいたします。 より多くの子どもたちが、しっかりと教育が受けられるように是非ご活用ください。

 

Flying ClassRoom(フライング クラスルーム)」について

◆スマートフォン対応・軽い通信量

生徒用のページはスマートフォンでの対応を基本としています。 (先生用ページはPC、タブレット対応になります。横1024px 以上推奨) また、テキストをベースとしたコミュニケーションで通信量を抑えているため、通信量制限などの心配はありません。より多くの生徒のみなさまが利用できるオンライン授業サービスです。

◆アカウント登録の必要がなく、簡単に導入が可能

生徒の個人情報は一切取得しませんので、セキュリティ・リスクの心配もございません。 生徒はログイン、アカウントの作成の必要はなく、先生側から生徒参加用のURLを発行し、それを開くことで、すぐにご利用が可能です。

尚、トライアル版では先生側もログイン、アカウントの作成の必要はありません。

◆先生と生徒のコミュニケーションツール

30 名前後の生徒を想定し、黒板への板書と発言、生徒の回答チェックなどの機能に対応し、実際の授業に沿ったコミュニケーションが可能です。

全員回答、挙手による回答、シンプルな選択肢回答、回答のバブルチャート表示に対応しています。

◆生徒の学習状況の把握

各生徒からの回答をリアルタイムで取得することで、生徒の学習状況の確認をおこなうことが可能です。 教育格差を小さくするための最初のステップとして各生徒の学習状況の把握ができます。

◆オンライン授業、対面授業の補完ツール

他のオンライン授業で併用しての利用が可能です。

対面授業では、生徒の学習状況を確認するだけでなく音声による発言の代用にもなります。

 

ご利用シーン

〈オンライン授業での利用〉

教科書、テキストなどの教材が各生徒の手元にある場合は、それらを教材としてオンライン授業が可能です。 PC環境、ネットワーク環境が揃わない生徒への対応が可能です。

大規模なシステムを導入しなくてもすぐにご利用できます。

〈オンライン授業の補助ツールとして利用〉

すでにZoom等のオンライン授業のシステムがある場合に、補助ツールとして利用できます。 また、発問や回答機能を利用して、各生徒の学習状況の把握をおこなうことができます。

〈対面授業の補助ツールとして利用〉

発問や回答機能を利用し、各生徒の学習状況をより細かく把握することができます。
バブルチャート等の集計・表示機能を用いたインタラクティブな授業が可能です。
新型コロナ感染防止対策の中で、音声による発言の代用となります。

〈学習塾での利用〉
小中高校と同様に〈オンライン授業での利用〉〈オンライン授業の補助ツールとして利用〉〈対面授業の補助ツールとして利用〉としての利用が可能です。大規模なシステムを導入しなくてもすぐに利用ができます。

 

利用手順

〈Flying ClassRoom 公式サイト〉https://flcr.onl/

〈Flying ClassRoom  通常版〉https://flcr.onl/login.html
※先生用のログイン、アカウントの作成が必要です。
※クラスの時間制限はありません。複数クラスの管理が可能になります。

〈Flying ClassRoom トライアル版〉https://flcr.onl/trial.html
※先生用のログイン、アカウントの作成の必要はありません。
※クラス登録後30分間の利用になります。

公式サイトより、通常版またはトライアル版で「Flying ClassRoom」にアクセスします。

 

 

「クラス名」と「先生名」を入力すると、先生用と生徒用のURLが発行されます。
生徒用のURLをメール等で生徒に配信し、日時を決めて授業をスタートすることができます。
※人物のアイコンをクリックすると顔写真を撮影することが可能です。
※トライアル版では「クラス名」と「先生名」のみ設定し30分間利用することが可能です。

画面はシンプルで、板書用の黒板欄とコミュニケーション用の会話欄などが用意されています。
先生からの質問は、テキストのみ、フリー回答、選択肢回答の3種類を用意。選択肢回答のバブルチャートの表示にも対応しています。用途に合わせて質問の種類を選んで生徒に質問することができます。
生徒は黒板の板書と、先生からの質問に答える形で授業を進行することができます。
また、フリー発言機能で生徒の状況(わからない、質問がある等)に合わせて授業を進行することができます。

 

 

模擬授業開催のお知らせ
実際に教材を使って、Flying ClassRoom を利用した模擬授業を開催いたします。
参加者のみなさまには生徒役として参加頂きます。

模擬授業のポイント

  • 授業進行について(シナリオの準備)
  • 発言と板書の切り分け方
  • 回答のバブルチャート利用
  • 生徒がより積極的に授業に参加するための発問について

日時 毎週木曜日 17 時頃より(模擬授業 30分程度、質疑応答 30分程度 計1時間程度)
※質疑応答はzoomで行います。

定員 毎週 10 名程度
参加希望の方は下記のフォームから申し込みください。

模擬授業の申し込みはこちら▼
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdoVwuZC7-pofu_ySgjk6IDnK3g9ZyCyboFRKmmpsANDGnXbg/viewform

模擬授業の動画はこちら▼(Flying ClassRoom の利用方法、授業の進め方などご確認ください。)

https://www.youtube.com/watch?v=J1RwMlH0_9E

 

〈Flying ClassRoom 公式サイト〉https://flcr.onl/

〈Flying ClassRoom  通常版〉https://flcr.onl/login.html
※先生用のログイン、アカウントの作成が必要です。
※クラスの時間制限はありません。複数クラスの管理が可能になります。

〈Flying ClassRoom トライアル版〉https://flcr.onl/trial.html
※先生用のログイン、アカウントの作成の必要はありません。
※クラス登録後30分間の利用になります。

〈Flying ClassRoom資料〉
https://prtimes.jp/a/?f=d58521-20200630-6260.pdf

〈会社概要〉
社名:有限会社kivotoys(キーボトイズ)
所在地:東京都国立市東1-16-29 ハーツ国立2F
代表取締役:山田 光輝
設立:2003年7月
WEBサイト:http://kivotoys.jp 
お問い合わせ
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSemUMmBbnDe8PcguYzkjtC-iBwza-5HafNanUR382O3d3Vl-g/viewform