ソニー・インタラクティブエンタテインメントからSTEAM教育の要素を取り入れた「toio™(トイオ)」の新タイトル『おんがくであそぼうピコトンズ™』新発売

 

 

 プレイステーションなどで知られるソニー・インタラクティブエンタテインメントが、STEAM教育の要素を取り入れた子供の創意工夫を引き出すロボットトイ「toio™」の専用タイトル『音楽で遊ぼうピコトンズ™』(以下、『ピコトンズ™』)を、2020年9月10日(木)に発売することを決定した。発売に伴い、2020年8月28日(金)にオンライン商品説明会が開催された。

▲『ピコトンズ™』商品画像

 

「作って・遊んで・ひらめいて」がコンセプトの「toio™」は、どのタイトルもこのコンセプトになぞらえて制作されている。今回発売される『ピコトンズ™』は、このコンセプトに加えて、どういう原体験を子供たちに与えるかということを深く考えて制作したと「toio™」開発担当の中山氏は述べる。楽器を主体とした既存の音楽とコンピュータ等の電子的な新しい音楽の双方を取り入れたツールになることが、『ピコトンズ™』の目的なのである。では、『ピコトンズ™』は具体的にどういった商品なのだろうか。

▲『ピコトンズ™』同梱物

▲『ピコトンズ™』演奏マット デモ動画

 ©Sony Interactive Entertainment Inc.

 

『ピコトンズ™』の特長は大きく分けると

キャラクターとゲームで遊びながら音楽の三大要素(リズム・メロディー・ハーモニー)を学べる

直観的な演奏で本格的な作曲体験ができる

曲の書き出しが可能

の3点である。

 子供たちは、キャラクターと一緒にプレイブックに沿ってゲームを進めていく。タッチする、回すなどの簡易的な操作で遊べるので、小さなお子様でも楽しむことができる。子供たちを飽きさせないような、そして遊んでいるうちにいつの間にか音楽の基礎が身につくような工夫が『ピコトンズ™』には施されているのである。

 また、そのような様々な工夫は、数々のクリエイターの手によって実現された。タイトルコンセプトやキャラクターデザインには、映像とデザインの制作を行うキッチン社の横田将士氏、河島知都氏、プレイブックの監修には作曲家の烏田晴奈氏、また『ピコトンズ™』のプレイングアドバイザーとして高校生トラックメーカーのSASUKEさんが参画している。そんな近日発売予定の『ピコトンズ™』だが、現在オリジナルキャンペーンが開催されているだけでなく、早期購入者には特典が付与されるそうだ。

▲キャンペーン情報詳細

▲早期購入特典詳細

 大人でもつい手に取って遊びたくなるような工夫が満載の『ピコトンズ™』コロナ禍の現在において、お家の中で子供たちと一緒に楽しく遊びながら音楽を学ぶ時間を作ってみてはいかがだろうか。

—————————————————————————————————————————————–

「toio™」公式サイト

https://toio.io/

「toio™」公式Twitter

http://twitter.com/toio_jp

『ピコトンズ™』ポータルサイト

https://toio.io/titles/picotons.html