編集主幹のダーツの旅

本紙編集主幹 千葉 誠一(ちば せいいち)

本紙編集主幹の千葉誠一が地域ごとの私塾事情を探るため、ダーツが刺さった地域へ赴く新連載!各地域で活躍を続ける塾や、珍しい取り組みを行っている塾などに取材を敢行。ローカルな運営法の中に、塾で生かせるヒントがある!?

私塾のトップに聞く:新田 晃史 統括マネージャー【株式会社個別教育舎 対話式進学塾1対1ネッツ】 東京都

【株式会社個別教育舎 対話式進学塾1対1ネッツ】つねに進化を続ける対話式進学塾

20年前に生まれた「対話式進学塾1対1ネッツ」は、九州全県への展開から中四国そして東京へと広がり、現在直営で110教室を超えた。コロナ禍の中で、リアルとオンラインの併用に加えて、AIロボットの活用や英語・プログラミングの新たな講座の開講など、攻めの姿勢を維持しつつ、本来の「対話式」のメリットを進化させている。

現状の課題と今後の方向性について、統括マネージャーの新田晃史氏にZoomで取材した。

統括マネージャー 新田晃史氏

FCではなく直営で1都12県に110教室展開

千葉 HPで沿革を拝見しましたが、2001年の創業ですね?

現在の規模について、正社員数・教室数・生徒数・対象学年などを教えてください。九州地区が中心とお聞きしましたが、展開している都道府県はいくつくらいになりますか?

新田 当社の代表・紀洲は長年民間教育サービス産業に従事していましたが、2001年に独立して「対話式進学塾1対1ネッツ」を創設しました。

現在の教室展開は九州7県すべてに展開しています。また、中四国では広島・山口・岡山・島根・香川の5県、そして東京の池袋に拠点を置き5教室展開しています。合計で約110教室を直営で運営しています。社員は約150名、生徒数は4300名前後になります。

千葉 直営で110教室というのは大変な数ですね?対象学年について教えてください。

新田 幼児から小中高までを対象としています。原則講師は学生で、社員はマネージメントをしています。

 

「パーソナライゼーション」とは?

千葉 1対1ネッツは『「わかる好きになる壁を越える」対話式進学塾』ということですが、指導形態の特色について教えてください。

新田 当社では、「対話式進学塾」を謳っていまして、1対1の意味は、生徒それぞれに最適化したネッツの教育サービスを提供するということになります。つまり、多様性のある個のニーズに対応した教育サービス=「パーソナライゼーション」です。これからもご家庭のニーズを分析して様々なサービスを提供していきたいですね。

たとえば、コロナ禍の影響で、学校が休校になり、生徒の学習環境が確保しづらい状況が続いていますが、ネッツでは、対話式1対1指導だから出来る、一人ひとりに対応した高校受験対策を行うようにしています。

千葉 高校受験では生徒だけでなく保護者の方も不安ですし、個々のニーズに対応した対策は有り難いでしょうね。

新田 パーフェクトの対策にはならないかもしれませんが、生徒だけでなく保護者の方の不安を少しでも解消していければ、私たちもやりがいがありますし嬉しいですね。

 

全体の9割がリアル指導を希望しているが、選択制にしている理由とは?

千葉 コロナ禍の中で、どのような影響がありましたか?また今後どのような対策を講じていかれますか?

新田 全教室で多かれ少なかれ影響があり、当初はその対応や対策に追われました。しかし、この1年やってきた中で多くを学んでプラスになっていることもあります。生徒の家庭からもオンラインに対する抵抗がありましたが、今は改善されて受け入れられています。

コロナ対策とオンライン指導については細かなマニュアルを作成し、指導後にチェックして改善しました。

千葉 どうしても休校しなければならない時期もあったと思いますが、再開後はオンライン指導に対する理解が得られているということになりますね。

新田 はい、現在は、対話式を重視しつつオンラインで1対1の対応で指導を行っていまして、様々なICT教材を活用しています。在宅学習に適応した教材内容を重視しています。「オンライン必勝ゼミ」もコロナ対策として新規開講しましたが、実際の比率としては、全体の9割がリアル指導を希望しています。それぞれの事情やご要望に合わせつつ、選択制として無理なく対応出来るようにしています。

千葉 時間帯なども変更しているのですか?

新田 はい、19時半までは塾で学習し、帰宅した20時以降にオンラインというように、「合わせ技」も使ってバランスよく受験指導などに対応するようにしています。全国的には自治体によって時短の仕様が違っていたりしますので、それに合わせて柔軟に設定しています。とにかく生徒の安全が第一で、次に学習を止めないことが大事だと考えています。

千葉 受験期には三者面談なども必須ですね?

新田 コロナで、三者面談もこれまでのリアルからオンラインに切り替えられましたが、昨日より今日、そして一ヶ月後というように、少しずつ確実に生徒がアップデート出来るように、こちらが持っている情報をつねに更新して提供出来るように心がけています。入試改革や教科書改訂、そして高大接続などについて最新の情報が得られれば保護者の方も入試に向けての不安が解消されると思っています。

1 2