【ベンキュージャパン株式会社】日本初!健康面に配慮した電子黒板の秘密&正頭英和先生による特別インタビュー

2021年5月12日から14日の3日間にわたり、リード エグジビション ジャパン株式会社主催の『第12回 教育総合展(EDIX)東京』が東京ビッグサイト青海展示棟で開催されました。

我々は、同展に出展していた「ベンキュージャパン株式会社」のブースに出向き、主力商品である電子黒板RP02シリーズを実際に体験。

また、“教育界のノーベル賞”と言われる「Global Teacher Prize 2019」のトップ10に唯一の日本人教諭としてノミネートされた立命館小学校教諭 ICT教育部長 正頭 英和 氏のインタビューの様子を取材させていただきました。

■ベンキュージャパンとは

「皆さまの生活に寄り添う」という企業理念のもと、世界トップクラスのヒューマンテクノロジー・ソリューションのプロバイダーとして、大型ディスプレイやプロジェクターなどをはじめとした広範囲の製品やサービス、ソリューションを提供するベンキュージャパン。

そんなベンキュージャパンが独自に開発した電子黒板RP02シリーズでは、健康的な学習環境づくりに役立つClassroomCareTM技術を採用。
未来の教室の“あるべき姿”を体現するRP02シリーズのClassroomCareTM技術についてご紹介します。

■ClassroomCareTM技術の特長

●日本初!抗菌ガラス搭載
銀イオン・ナノエージェントの多層コーティングを施すことにより細菌の繁殖を防止。
この技術は日本初のSIAA(抗菌製品技術協議会)の認証を取得しています。

●空気品質センサー搭載
室内のCO2濃度レベルを測定し、濃度の上昇をアラートでお知らせ。適切なタイミングでの換気が可能になります。
また、RP02シリーズからPM2.5・温度・湿度も検知対象となり、より健康的な学習環境を実現することができるようになりました。

●目の健康にも配慮
ブルーライトカットはもちろん、画面のちらつきを抑えるフリッカーフリーや、画面の反射を抑えるアンチグレアパネルも搭載。デジタル化による目への健康にも配慮した設計なので、先生や生徒の目の疲れを軽減します。

もちろんRP02シリーズの魅力は健康面への配慮だけではありません。
ゼロ・ボンディング技術によって、従来の黒板やホワイトボードに書いている時と変わらないほど自然で正確な書き心地を実現。
さらに、画面録画やタイマー、くじ引きといった機能のほか、書き込みをした画面はQRコードで簡単に保存・共有することができるなど、授業効率の大幅な改善に寄与する機能が充実しています。

■正頭先生が語る、教育とICTの未来

ベンキュージャパンの製品を実際に体験した正頭先生に、教育業界のデジタル化がもたらす可能性についてお話ししていただきました。

「教育のデジタル化が進んでいくにあたり、大きく分けて2つのフェーズがあると思います。1つ目は『無駄の短縮』。ICTの活用により、効率よく授業や準備を進めることが可能になり、例えば今まで8時間かけて教えてきた内容を6時間で教えられるようになります。そこで2つ目のフェーズとして『余った時間を何に使うか』という課題が現れます。この余った時間は、これまで学校の先生たちがやりたくてもできなかった“全く新しい教育”を行うための時間になると考えています。
(中略)
今までは、知識をたくさん覚えられる生徒が優秀とされてきました。しかしこの知識の量の差は、ICTで一瞬にして埋めることができます。したがって、これから学校は『知識を与える場』から『体験を提供する場』に変わっていき、どんな体験をさせてあげられるかが学校の価値になっていきます。そこで重要になるのがICTの活用です。教育現場にデジタルが介入していくことでプログラミングという体験が生まれたり、海外とつながるという体験が生まれたり、体験がどんどん拡張していく。それが教育におけるICTの役割だと考えています」

電子黒板RP02シリーズを学びの起点とすることで、“従来のやり方”דICT教育”であるハイブリットティーチングを実現しながら、Withコロナ時代においても安心・安全な学びの場を提供することが可能になります。
ICTによって広がる教育の可能性。その一端を担うベンキュージャパンは、これからも先生・生徒に寄り添いながら、教育の未来に挑んでいくことでしょう。

正頭先生のインタビューやRP02シリーズの紹介動画は「バーチャル教育ICT Expo 2021」にて公開しております。コチラからご覧ください。

https://reseed.resemom.jp/article/2021/06/01/1665.html

また、RP02シリーズに関するお問い合わせはコチラから受け付けております。

https://bit.ly/3bUyJe0