【森上 展安】中学受験は親子の挑戦 -小説『翼の翼』を読む

朝比奈あすか著『翼の翼』は、中学受験をする小学生と家族が小2から小6の受験までをどのように経験したかを綴った小説で、本の惹句は「凄絶な家族小説」という表現が用いられているように、母親の目を通した小学生、両親あるいは祖父母、そしてママ友の存在が受験を軸に鮮やかに像を結ぶ。

その本のブックカバーにつけられた惹句の見出しに「中学受験は親子の挑戦」という一見使い古されたコピーのような10文字がある。
一読して著者の中学受験体験からか、今日の首都圏の中学受験の実情を描写しており、非常にリアル(例えば、大手塾の評価などそのままではないにせよ、よく実情をおさえている)であるが故に、おそらく中学受験を母親として、あるいは父親として体験した、もしくは体験しつつある読者にとって読み進むに従い身につまされるに違いない。

今回はいわば、出るべき本が出た、という受け止め方で、この本の提起した問題を筆者なりの感想としてお伝えしたい。

コンコルド効果

この本の最後の方に効果的な言葉が提起されている。
それは「コンコルド効果」といい、サンクコストバイアスを表す用語だという。
小説の解説では、「『ここまで費やしたんだから』っていう思いで引き返せなくなる心理」とされる。

つまり、「翼」君の受験のために投じた費用が小2から始めて小6までで相当な額に達していて、小6のその時点で「受験をやめる」という選択肢はない、という思い込みに陥ることを端的に言い表しているのだ。
ママ友の「中学受験をやめる」事例が示されるが、やはり小説の語り手である母親としては踏み切れない。

ここは費用の点もあるが、何といっても中学受験に費やした時間が大きいだろうと思う。
小2から始める中学受験に対して、親世代の中学受験体験を語る父親が、自身の経験では高学年からだったこともあり、早すぎると言いつつも時代に流されるように、低学年からの中学受験を受け入れていく様子に不自然さはない。

費用の点で言えば、クラス落ちしたときに補習用の指導を塾側から提案され、母親がパートをして追加投資を決心するくだりがあるが、まさにここでも、追加投資を惜しむ決断がしにくかったのだろう。

 

中学受験第二世代という構図

さらに本書をリアルにしているのは、父親自身が中学受験経験者であり、「翼」君の父方の祖父母が、中学受験パパ・ママ世代であるという、中学受験第二世代の今日の状況をよく映している点だ。
祖父母は歯科医院を開いているということになっており、いわば受験の舞台設定としては実によくあるケースとなっていることも付け加えたい。

因みに父親はトップ校受験に失敗して、三番手校に進学したが、大学で「逆転」して会社勤めの経歴上は勝ち組に入る、といったように描かれている。
対照的に、母親の方は地方出身で、その母方の祖母は、東京のそうした早期教育を好ましいとは考えていない、といったブレーキ役も用意されているが、もちろんブレーキは効かない。

1 2

森上 展安(もりがみ のぶやす)

(株)森上教育研究所 所長


1953年岡山県生まれ。早稲田大学法学部卒業。

東京第一法律事務所勤務を経て都内で学習塾「ぶQ」を経営後、88年に(株)森上教育研究所を設立。

中学受験、中高一貫の中等教育を対象とする調査・コンサルティング分野を開拓した。

私塾・私学向けに『中学受験と私学中等教育』を月刊で発行している。

中学受験生の父母対象に「わが子が伸びる親の『技』(スキル)研究会」セミナーをほぼ毎週主催。

著書に『10歳の選択 中学受験の教育論』、『中学受験入りやすくてお得な学校』(いずれもダイヤモンド社刊)。

morigami

▼首都圏中学入試結果分析セミナー録画 好評発売中!

お申込みをご希望の方はメールにてお問い合わせ下さい。
morigami@pp.iij4u.or.jp

▼『森上 展安』の過去記事を読む

【2021/10月】首都圏22年入試に伸び―4模試中下位ランクが大幅増

【2021/9月】共学校ニーズが突出/男子校上位シフト鮮明/女子校伸び悩み

≫さらに読む