【3月WEB覆面仮面トーク】コロナと戦争でこれからどうなるの?!

四の五の言わず、教育に専念

覆面 色々あるね、コロナはもう二年以上だし、ロシアとウクライナは戦争・・・コレ決して内戦ではなく、独立した国家への国際法に違反した侵略だからね。

ゲストQさん そそそ、プーチンもついに狂ったねえ、中国以外の世界を敵にまわし、国内でも若者たちからの信頼を失った。

仮面 完全に失ったね。若い兵士からも不満や疑問が出ていて、それに対してちゃんと上司は答えられないから、最前線で戦闘意欲が減退しサボタージュが起きているらしいね。

ゲストQさん 燃料や弾薬、そして食料なども足りなくて、それでもプーチンからの命令で行軍しなければならないので、そりゃあ不満は溜まるよね。

覆面 その他色々あるよね、塾もさ、本業、教育に専念しようよ。

ゲストQさん んだんだ、暇だからよからぬことをしてしまうのだな、コレ。仕事をしていれば良からぬこともしないし、コロナ対策もバッチリだし、外国の戦争のニュースで気が散ることもない。ただし、生徒から訊かれた時にちゃんと回答できるように、基本的な勉強だけはしておきたいものだね。

仮面 生徒の親もその親もすでに戦争を知らない世代だろうから、この際徹底的に国家間の紛争の原因や背景について学んでおくべきだね?

ゲストQさん 御意!!

覆面 それと、世界における日本の立ち位置とか国力とかもね。

ゲストQさん それは必要だ。民主主義で資本主義の国家であることはわかっているけど、経済規模や自衛隊の戦力とか国土の特色とか日々変化しているからね。

仮面 まさか・・・日本のニュースはロシアみたいに規制されていないだろうね?

ゲストQさん ある程度の規制は必要だから、「自主規制」をテレビとか新聞、ラジオなどはしているでしょ。しかしながら・・・国営放送もあるからね。情報は早いけど、政府の顔色見てのニュースも多いだろうね。

覆面 国営放送のせいで国内では自民党支持が多いんじゃないの?

ゲストQさん まさか?! でも当たらずとも遠からず・・・かな??

仮面 ま、この話題は長くなるからコレで終わりだけど、受信料払っていても納得いかないね。

ゲストQさん ふふふ、そのうちテレビなんて無くなるさ。テレビが無ければ受信料の請求もできないぜ。さて、日本の塾もそろそろコロナの第六波が収束に向かい始めて、タイミング的に春の募集時期だし、本気で集中して生徒募集に励まないと生き残れないな。

覆面 しかし・・・すでにガソリン代や灯油、そして光熱費などあらゆる物の価格が上がってきているね。

ゲストQさん 一時的なものと思いたいが、世界的規模で価格高騰や物不足は深刻になってくるかもしれない。塾も災害対策だけでなく避難場所として備蓄食品や生活品の確保をしておくべきかもしれない。北朝鮮もミサイルばんばん打っているし、中国や韓国は領海侵犯や不法漁業をやっているからな。

仮面 御意!! 生徒や保護者が安心して頼れる場所として塾があるぞということを、もっとアピールしたいね。

ゲストQさん 阪神淡路大震災や東日本大震災の時も、各地の塾が生徒や保護者の連絡基地的な役割をしていた。場所だけでなく備蓄食品や自販機などを開放したり、炊き出しをしたりした。

覆面 塾だけでなく地域の色んな人と協力してね。

ゲストQさん そそそ、大災害は起きて欲しくないけど、万一の為に備えておきたい。子どもたちの集う場所として、つねに先取りして地域貢献しなくちゃ!!

仮面 御意、御意!! それで、これからの数ヶ月どうなるのか?

ゲストQさん とにかく情報の収集に努力して、先を読むようにしてほしい。日本は遠いから関係ないじゃなくて、どんな影響が及ぶのか? 外部の人ともコミュニケーションをとって情報交換してほしいね。

覆面 外務省のHPを毎日閲覧するとか、航空会社、JETRO、商社などのHPも確認したいね。

ゲストQさん ネット時代、SNS時代だから正しい情報だけでなく色んな情報が氾濫している。見極めも大事だ。

仮面 こんな時こそ仕事に集中だ。

覆面 教育ほど遣り甲斐のある仕事はないからね。

 

大手塾同士の生徒の奪い合いは生き残りに必要か?

覆面 P塾がU塾の地盤を脅かしているね?

ゲストQさん 元々U塾長はP塾の社員だったから、P塾長は「U塾はうちの属国だ」と言っているらしい。研修や会議では、「U塾の地盤は元々P塾ものだから、迷わず奪え!」と社員を鼓舞していて、手柄を立てた社員には臨時賞与が授与される。この臨時賞与を一番狙っているのが、なんとU塾から転職してきた社員らしい。

仮面 ほーどういうことだい?

ゲストQさん U塾長は潔癖性みたいで、ちゃんと仕事をしていない社員に対して厳しく説教しているらしい。塾の社員ってさ、最初からずっと先生先生って言われているから、説教されるのが嫌いなんだよな。それで同業他社に転職しちゃう。

覆面 それで、鉄砲玉みたいな仕事をさせられるのか?

ゲストQさん 恨み辛みを増長されて、最終兵器みたいになっちゃうわけだよ。

仮面 怖いこわい(ブルブル)

ゲストQさん で・・・実はP塾長は専制君主で利益の大半を自分のものにしているし、妻がいるのに社内の美人のほとんどに手を出している・・・

覆面 それって、どこかの塾でもあったような?

ゲストQさん どんな噂だい?

仮面 オラが知ってる。若手ホープの社員が塾長の奥さんと仲がよくて(笑)塾長は毎晩札束を数えている・・・

ゲストQさん ふむふむ、あそこかな?ここかな? どこかな??

覆面 おちゃらけしてないで、真面目にやろう!!

ゲストQさん はーい!! そもそも塾の地盤って独占してよいものなのか?誰のものでもないから自由市場なんだろうけど、それぞれの塾のモラルや企業精神で自制すべきものかもな。

仮面 なるほど…最近は意識してライバル塾の隣に教室を出す勇気ある塾長もいるしねえ。

ゲストQさん アレはアレで目立つから、宣伝効果もあるぞ。塾銀座みたいな感じで笑。

覆面 ほほほほ、ここはうちの沿線だとか、この団地はうちの商圏だとか・・・社内的にはいいけど、外部に対して言ったら不味いよね?

ゲストQさん そりゃそうだ。でも・・・みんな言うのさ、うちの地盤だって笑

仮面 しかし、地盤や生徒の奪い合いまでしないと生き残れないのかい?

ゲストQさん これから不透明で厳しい経営環境になるのは確実だと言われている。昔みたいに5割以上の純利益なんて今はもう考えられない。業態もいろいろあるし、人材不足も深刻だ。戦って生き残るには地盤と生徒の獲得だ。

覆面 ほどなーる笑 戦闘能力の高い社員がいないと生き残れないけど、塾ってそういう人材少ないんじゃないか?

ゲストQさん ベテランほどおとなしいね。若い社員はキレ易い? 女性が一番活躍しているかもしれない。

仮面 同感!!

ゲストQさん 世の中には女子高や女子大もあるし、産婦人科は女医さんが多い。塾だって女性だけの講師で女性だけの生徒を教えるって塾があってもいい。

覆面 それはいいね。男性だけだと女性だけの場合よりもインパクトないのはなぜ?

ゲストQさん なぜかねえ?? 男って汗して働いてナンボだけど、絵にならないじゃん? やっぱ女性は絵になるよねえ。

仮面 答えになってない・・・笑 つまり男だけだと当たり前ってことだね?

ゲストQさん そそそ、それを言いたかった。昔は男だけの軍団塾が結構活躍してたねえ・・・懐かしい^^

覆面 アソコとかソコとか・・・ね。塾で女性が活躍するようになってクオリティ上がったけど、この人材不足はロボット導入で乗り切れるか?

ゲストQさん どうかね・・・ロボットだからAIだからって生徒が沢山集まるわけじゃないと思う。それを使いこなせないと塾も高く評価されない。

仮面 たしかに!! しかし人はこれからどんな仕事をしていけばいいのさ?塾でもロボットに負けないように勉強するわけだよね?

ゲストQさん 感性とか創造とか芸術とか、いくらでも人間しかできないこと、人間の方が優っている分野があるよ。

覆面 まあワシは料理でいいわ笑

 

G塾長が「オネエ」だなんて口が裂けても・・・言えるか?

覆面 ワシも知らなかったけど、最果てのG塾長って・・・オネエだったんだね?

ゲストQさん まあ今は珍しいことじゃないな。色んなタイプの塾長いるから・・・SMとか、パワー腹とか、メイド好きとか・・・

仮面 こらこら笑 オラも知ってる・・・キャバ好きとかロリコンとか女装趣味とか

ゲストQさん そかそか笑 バラエティに富んでいてイイネ! でもG塾長はカミングアウトしちゃってから大ブレイク。人間開き直ると強い?!笑

覆面 だねだね、本音とか本性が出せてナンボやね!!

ゲストQさん ほほほ、でもさ、最初は恥ずかしそうだったけどね

仮面 今はそういうのが拒絶されない時代になってきたね。

ゲストQさん そそそ、逆に隠してるとみんなわかるし、陰口たたくからねえ。

覆面 陰口はだいたい悪口だ。

ゲストQさん Gさんも以前は仲間と飲んでいて無理して男言葉しゃべっていたけど、いまは誰にでもオネエだ笑

仮面 それはいいね。人間無理しないのが一番だよ。

ゲストQさん 覆面も仮面もそろそろ本来の顔になったらどうだい?

(そこにバタバタバタと一人乱入)

Gオネエ そうよそうよ! カミングアウトしちゃいなさい!あんたたち

仮面 げげげ、びっくりしたあ!

ゲストQさん まさか来るとは?! よく生きてたねえ笑

Gオネエ なによアンタ、さっきから勝手なことばっかり言って、いけず!!

ゲストQさん いたたたた、本来男なんだから思い切りつねったら痛いだろ!

Gオネエ 痛いほど、私の気持ち わかってよ

覆面 なんやねんソレ?!

ゲストQさん で、なにしにきたん?

Gオネエ だって、わたしが主役なんでしょ? 主役が不在なら盛り上がらないじゃなーい笑

仮面 いやいやちゃんと盛り上がってたけど・・・

ゲストQさん アンタそれ言い過ぎよ。わたしが盛り上げてあげるわ・・・よ

仮面 あっどこを触ってるの? キモい!

ゲストQさん まあまあまあお互い大人なんだから、そのくらいにして、核心を語ろうよ。

Gオネエ たしかにぃ、わたしがカミングアウトしたあと塾は好調になったわよ。生徒や保護者にも受け入れられたというかあ、ウケたのね。時代に合ってたのかしら?

覆面 だねだね、テレビでもオネエ人気だからね。

ゲストQさん ずっとオネエかい?

Gオネエ アタリ前田のワッフルでしょ!(バシッ!!!!!!)

ゲストQさん 痛っ!! 半端ねえ!!

Gオネエ わたしの存在感、身に沁みたでしょ?

皆 沁みた沁みた。だから早く帰って笑

 

SNSも使い方次第で大きな武器になる!

覆面 さて最後に大事な話をしたいね。コロナ禍や経済危機でも安定した経営をしている塾の話だ。

ゲストQさん 大手に限らず中小個人塾も多様な生き残りの道があるということが今回コロナ禍の工夫と努力でわかってきたね。それは単にデジタル化などの教育ICTに限らず、人材不足を補う道やチラシとか看板広告が無くても、生徒募集や学齢の子を持つ保護者へのPRが出来ることもわかってきた。

仮面 一番最後の部分、たとえばどんな具体的な事例があるの?

ゲストQさん 東京下町のいくつかの塾では互いに協力し合い情報交換して、主としてSNSで塾のPRをしつつ、生徒募集や入塾相談、教育相談をしている。中には50人くらい入塾待ちの出ている塾もある。

覆面 それは凄いね。全国的にチラシが利かないのはわかっているし、テレビCMなどもなかなか顧客予備軍に響かないということがわかっている。

ゲストQさん そそそ、だから以前からネットを活用した広告や生徒募集、個別の教育相談などが模索されてきた・・・それがコロナ禍で一気に主役に踊り出た。それを大手だけでなく中小個人塾も有効な手段として活用しているということだ。

仮面 むむむ、そうすると、その方面の予算が必要だけど、結構高いんじゃないの?

ゲストQさん 大手コンサルを介した専門業者との契約とかだと大変だけど、塾長や講師がYouTuberになって発信しつつ、空いた時間に教育相談やオンライン自習室を管理すれば、時間が有効に使える。

覆面 なるほどね。人材的にも予算的にも省力化の運営か?

ゲストQさん この時代にはコレが最適最良の経営戦略だというのはない。状況や流れを読んだ戦略か戦術が大事だ。それが出来ないと一人相撲になってしまう。

仮面 ハナシ変わるけど、最近テレビCMで変な声の相撲・・・

覆面 ハイ! 次いこう!!

仮面 (うぐぐ)

ゲストQさん 結局この先、物価高は避けられないから、値上げの可能性も含めての生き残り対策を立てる必要がある。

覆面 御意。キーワードは節約か?

ゲストQさん 

仮面 グローバルとかSDGsとかいろんなキーワードはあるけどさ、塾は地域を基盤としているし、一人がどれだけ生徒の教育を掌握出来るのか? 試金石が求められているのかもしれない。

仮面 その究極的なものに挑戦してからのAIやロボットなのか??

ゲストQさん そういうことだね、打開策としてだけのAIロボットは命取りになる可能性もあるから要注意。生兵法は大怪我のもと・・・だからね。